トップ > プロデューサー紹介

プロデューサー紹介

白戸太朗 (Taro Shirato)

[スポーツナビゲーター&トライアスリート/ アスロニア代表]

プロトライアスリートとして、日本人として最初にトライアスロンワールドカップを転戦し、その後はアイアンマン(ロングディスタンス)へ転向、世界を舞台に息の長い活動を続ける。また、アドベンチャーレースへも積極的に参加、世界中を転戦していた。現在は選手活動と共に、レースコーディネイトやスポーツ中継キャスターをつとめるなど、スポーツを多角的に説くナビゲータとして活躍中。2008年よりトライアスロン普及のためにATHLONIAを設立。代表を務める。

鈴木雷太 (Raita Suzuki)

[BIKE RANCH代表]

シドニーオリンピック日本代表、全日本MTB クロスカントリーチャンピオン、アジアチャンピオンのタイトルをもつ、元MTBプロライダー。
現在は株式会社ライコンを立ち上げ、スポーツバイシクルの素晴らしさを世の中に伝えるための活動を中心に行っている。
また専門誌を中心に執筆活動や、若手選手の育成なども積極的に行い、BIKERANCH 代表を務める。